商標の登録流れをわかりやすく解説【自分でやる方法も解説】

「商標の出願から登録までの登録流れをわかりやすく教えてほしい。自分でやれるのかも知りたい」

こうした疑問にプロが答えます。

商標出願では登録までの間に大きく9つのステップをとります。

本記事では、初心者が過ちを犯しやすい所も含めて解説していますので本記事でを読めば商標出願で失敗することを防ぐことができます。

商標の登録流れは9つのステップがある

商標の登録流れについて結論を言っておくと、以下の9つのステップをとります。

すでに似たような商標が登録されているかどうか調査する

②登録したい区分を決める

③商標出願の願書を作成する

④特許庁へ出願する

⑤審査結果が来る

⑥登録査定の場合、登録料を払う

⑦拒絶理由が通知された場合、応答案を提出する。

⑧登録証の通知が来る

⑨登録の後は更新する

本記事では①~⑨の各ステップについて初心者でもわかりやすいようにプロが解説していきます。 

①調査

 まずは似たような商標がすでに登録をされていないか確認しましょう。

 商標登録は早いもの勝ちです。

 すでに登録されているものがあれば登録できません。

 では、すでに登録されているかどうかを検索するにはどうすればよいか。

 それは「J-PlatPat」を利用することです。

>>商標検索はこちら

 こちらにキーワード検索をかけて調べてみましょう。

 ここで、「商標(検索用)」では完全一致の商標しか調べることができません。

 そこで、「称呼(類似検索)」に切り替え、「カタカナ」で検索指定ください。

 

 商標は同一だけでなく類似している場合でも、すでに登録されているものがあれば登録できません。

 ただし、商標が似ていても、指定商品(役務)のうち、類似群コードが異なれば商標登録はできます。

 「類似群コード」の概念などは複雑ですので弁理士に相談することをおすすめします。

「文字ではなく図形商標(ロゴデザイン)を検索するときはどうしたらいいの!?」

 図形商標を検索する場合には、以下の手順をとります。

 この場合も「J-PlatPat」を利用します。

 商標検索はこちらからできます。

 

 この場合には、図形等分類の項目で検索します。

 ここで、空欄には何を入力すればよいのでしょうか。

 ここには、予め決められたコードを入力します。以下に説明します。

 まずは、商標のタブから「図形等分類表」を選択します。

 そうすると、マークのカテゴリーに応じて、コードが割り当てられているのがわかると思います。

 もし星のマークについて商標登録をしたいのであれば、「1.1.1」のコードを図形等分類の項目に入力して検索します。

 このようにしてまずは似たような商標が登録されていないか調査します。

 ただし、どの程度似ていれば登録できないかどうかは初心者の方では判断が難しいかもしれません。

 この場合、特許事務所brandAgent®にご相談いただければすぐに回答いたします。

2.登録したい区分を決める

 ここでいう区分というのは、商標を使用する商品・サービス(役務ともいいます。)がどの類に属するかをあらわすものです。

 区分は全部で45類(商品34類・サービス11類)あります。

 

 商標出願は1つの商標に対して複数の区分を指定することが可能です。

 ここで自分の商標を使用したい商品・サービスが第何類に該当するかを調べる方法としては特許庁から検索する方法があるので紹介しておきます。

 こちらのサイトから調べることができます。

 ここの「各区分の代表的な商品・役務」のPDFデータから調べることができます。

 例えば、「宝石」なら14類、「占い」なら45類とわかります。

 ただし、一部の商品・役務は検索してもでてこない場合があります。

 迷ったら特許事務所BrandAgent®にご相談いただければすぐに回答可能です。

3.商標の願書を作成する

 商標と区分が決まったので願書を作成していきます。

 願書のひな型は、特許庁のサイトから入手できます。

 ここで、注意点として、 商標が文字の場合、必ず【標準文字】を特定することが必要ですので注意してください。

 一方商標がロゴの場合、ロゴのデータを指定された枠内に貼り付けます。

 例えば、文字商標「うらない小僧」、区分14類と45類を指定する場合を考えます。

【商標登録を受けようとする商標】に「うらない小僧」

【・・・の区分】に【第14類】と【第45類】を指定して、パワーストーンの販売と占い業に商標を使用することがわかるように指定します。

 

 なお、商標出願人の名称は、氏名か法人であり、「屋号」は使えないので注意してください。

 占い屋は法人化していないので占い屋の本名を書きます。

 出願人の識別番号については、一度出願すれば識別番号が付与されるので、その識別番号を書きます。(識別番号か住所又は居所のどれか1つだけ記載すればOKです。)

 郵送で自分でやる場合は、特許印紙を貼り付けます。

 区分が1の場合は印紙代は¥12,000円となります。

 区分が2の場合は印紙代は¥20,600円となります。

 自分でやっても問題ないですが複雑ですので弁理士に依頼することをおすすめします。

 特許事務所BrandAgent®では15,000円で代行可能なので時間をかけるよりも圧倒的にコスパがよいといえます。

4.特許庁へ出願

 特許庁へ出願する方法は郵送かオンラインのいずれかとなります。

 あなたが自分で出願する場合は郵送になります。

 この場合、特許印紙を貼り付けることを忘れないでください。

 収入印紙ではなく特許印紙です。紛らわしいので注意しましょう。

 なお出願前に迷ったら特許庁にチェックして確認してもらえることもできます。

5.審査結果

 出願から審査結果まで約1年くらいかかると言われます。

 これは商標出願件数は年間10万件以上あり、1つ1つ特許庁が判断するためです。

 ただし、一定の条件を満たせば審査を早くしてくれる早期審査制度とファストトラック制度があります。

 くわしくはこちらで解説しています。 

商標の早期審査制度とファストトラック制度

6.登録査定が通知された場合

 審査の結果、問題がなければ登録査定が特許庁から通知されます。

 通知があれば特許庁に納める登録費用を指定期間内(通知から30日以内)に特許庁に納めます。

 ここでは特許庁に納める登録費用は以下のいずれかです。

〇10年分納める場合・・・区分数×28,200円

〇5年分を2回に分けて納める場合・・・区分数×16,400円

 商標登録の保護期間は10年間です。

 そこで10年分の登録料をおさめる必要があります。

 ここで、10年分を一括で納めるか、5年分を前期後期に分けて納めるかのいずれかを選択できます。

7.拒絶理由が通知された場合

 あらかじめ調査をしていても拒絶理由が通知されることはあります。

 拒絶理由はさまざまですが、すでに登録されている似たような商標があるから登録できないというものが多いです。

 この場合、指定商品(役務)が登録商標の指定商品(役務)と被らないように指定商品(役務)を削除するか、反論することが考えられます。

 いずれにせよ応答案は通知の日から2月以内に提出する必要があります。

 もし指定期間を過ぎたり、主張が認められない場合は拒絶されます(拒絶査定)。

 拒絶査定が通知されると費用・解消しやすさの観点から難しくなるので拒絶査定が通知されないように対応することが重要です。 

8.登録証の通知

 登録査定が通知されたら登録完了ではありません。

 登録査定がきて、指定期間内に登録料をおさめて登録証がきてやっと商標登録が完了となります。

 この点ご留意をしたほうがよいです。

 登録証は納付してからおよそ1月ほどで送られてきます。

9.更新

 商標権はほぼ永久に存続できます。

 ただし、10年ごとに更新料を払う必要があるのでこの点注意してください。

 また、更新時に区分数を減らすことができます。

商標登録流れのまとめ

 以上、商標についてまとめました。

 本内容を通じて、商標について概要を一通り理解でき、お役に立てれば幸いです。

 商標登録は自分でやることも可能ですが時間的コストを減らす方が得策です。

 特許事務所BrandAgent®では15,000円で対応していますのでお気軽にご相談ください。